今話題のフコイダン

フコイダンを代表とした褐藻類

海藻は大昔から、薬理作用が絶大にあると言われています。中国で1番古いと言われる、神農本草経の中には、褐藻ホンダワラ類の海藻が、腫瘍を取り除いて行く効果が、とても強いと書き記されております。日本の場合だと平安時代へと書かれた、本草和名の中にも、海藻類が持っている薬効作用について、細かく書き綴られています。フコイダンを代表とした褐藻類の記述に関して詳しくチェックすると、以下のような事などがはっきりと書き込まれております。
・モズクは身体に出来たコブや腫れ物を、緩和する効果が非常高い
・アクラには婦人病を改善させる効能がある
・昆布は13種類もの水腫を治す力がある
・黒焼きにする事で、梅干しと同様の作用があり、舌・口・歯の病気などを、きちんと治癒する働きがある
・水腫を患っている方へと、昆布と一緒に煮た、鯉を食べさせると、オシッコが出やすくなる為、病を簡単に治す事が出来る
などと言った風に掲載されています。上記の事からも把握出来るように、海藻には古い時代から、薬理効能が物凄く大きい事が、明らかになっております。このような海藻類に入っているフコイダンとは、1913年にスウェーデンにある、ウプスラ大学のキリン教授により、昆布のヌメリ成分の一種として見付けられました。

ピロリ麕が減る事で起こる体内の粘膜保護

フコイダンには、身体の中にある粘膜組織などを、しっかりと守る役割があります。フコイダンの粘り気の素である硫酸基が、胃の粘膜エリアへと刺激を与え、胃自体を活発化してくれます。フ…

MORE

フコイダンを代表とした褐藻類

海藻は大昔から、薬理作用が絶大にあると言われています。中国で1番古いと言われる、神農本草経の中には、褐藻ホンダワラ類の海藻が、腫瘍を取り除いて行く効果が、とても強いと書き記さ…

MORE

海藻に含まれるフコイダンの注目したい効果

フコイダンは、コンブやモズク等の海藻に含まれる食物繊維の一種です。ヌルヌルしています。食物繊維なので、腸内フローラを整えるのにいいのですが、それだけでなく、「癌の予防」、「免…

MORE

フコイダンはどのような影響をもたらすのか

フコイダンは体にどのような影響をもたらすのか気になっている人は多いと思います。やはりフコイダンは体にどのような影響があるのかを知っていけば、フコイダンを摂取する必要があると理…

MORE


TOP

Copyright © 2016 通販で気軽に購入できるフコイダンのサプリメントで血液をサラサラに All Rights Reserved.